逆切れ
 
 
 
小学6年の頃、新築の家に引っ越して、初めて一人部屋を与えてもらった。
 
引越して一年も経たないうちから、昼夜かかわらず棚の上の物が勝手に落ちる。
部屋の電気が突然点くなど、おかしなことが起こり始めたが、
そこまでは、建物や偶然の仕業だろうと思っていた。
 
しかし極めつけの出来事がおきてしまった。
夜中に妙な物音で目を覚ますとベットの対面にある部屋のドアノブを
【 ガチャガチャ…ガチャガチャ…… 】 とまわし開けようとする音が鳴ったのだ。
そのうち鍵のかかっていないドアはゆっくりと 【 ギィー…… 】 と音をたてて開いてしまう。
 
「誰かいる?! 」
ガクブル震えながら布団をかぶって無理やり寝ようとしたんだけど、
まだ子供だったから好奇心が疼き、自分のはちきれそうなほど
物凄い音を発て続ける心臓の音を聞きながら、布団の隙間を広げてそっとドアを覗いた。
ドアは開いているものの、誰もいない。
 
次の日の朝、深夜に自分の部屋にきたかと家族に聞くが誰も来ていないという。
 
その後、深夜にドアを【ガチャガチャ】いわせながら開け、
ドアを開けっ放しのまま放置という怪現象は一週間近く続いた。
 
最初はドアを開け放した後に布団の隙間から覗いても、
誰も居ずにドアが開けっ放しなだけだったのが、開け放したドアのところに上半身は見えず
下半身だけが見えている人が居るのが見えるように。
 
当然、そんな状況で眠っているなんてことができるはずもなく。
寝不足でふらふらになるし、どうにかしてもらおうと頼った親には信じてもらえなかった。
 
ドアをガチャガチャする目に見えない存在に対し、かなり頭にきていた。
 
そんなある日、いつものように深夜2〜3時ごろにドアノブがガチャガチャし始めた。
寝不足で疲れがピークに達していた自分は、
ドアが開くのと同時にドアの前まで行って思いっきり叫んだ。
 
「 開 け た ら 閉 め ろ や ! ! 」
 
その後、自分の怒鳴り声で起きた家族にチョット叱られた。
怒鳴り声をあげた次の日からは、ドアがガチャガチャ鳴るだけで開かなくなり。
だんだんドアがガチャガチャ鳴ることすら無くなっていきました。
 
少しは「ごめんね」とでも思ってくれたのかな?
 
 
---- 後日談 ----
 
 
高校を卒業して就職のために家を出ることになり、2〜3年程家に帰らなかったんです。
 
ある年、夏期休暇を利用して実家に帰ると高校まで使っていた
あの部屋がお札で 【 封 印 】 されていました。
 
家族に聞くとお寺のお坊さんに「ここは人の住んでいい部屋じゃない」と言われたそうです。
 
うそーん(´Д`;
 
私が居ない間にあの部屋で何があったのかを家族に聞くも、詳しくは教えてもらえません。
 
 
 
怖い話
 
幽霊VSキモオタ
幽霊VS小説
幽霊VS腐女子1
幽霊VS腐女子2
幽霊VS喪女
幽霊VS奇行
幽霊VS猫
幽霊VS猫2
幽霊VS体臭
幽霊VS逆切れ
幽霊VSその他







Copyright (C) 2008 ぬる〜く、オカルト心霊体験団! All Rights Reserved.