喪女
 
 
 
仕事も終わり疲れた体を引きずって一人暮らしの我が家へ帰宅。
就寝前にネットでお気に入りのサイトのチェックも終わり、
寝ようと思った私は布団に入って電気を消した。
 
布団に入ってしばらくした頃、人の話し声と息苦しさを感じて目が覚めた。
悔しい悲しいとブツブツ言う女の声が、あからさまに部屋の中から聞こえる。
恐怖心を押し殺し姿を確かめようとしたが姿は見えず、
声だけがどこからともなく聞こえている状態だ。
 
私は布団の中で震えながら、居なくなってくれるのを祈り続けていたが、
途中で気を失ったのか気が付いたら朝になっていた。
 
昨夜のことは何だったのか。明るい日差しの中では夢だったようにも思える。
薄気味悪く思いながら出社し、何事もなく1日が過ぎた。
 
昨日のことは夢だと必死に思い込み。明日も仕事があるので寝ない訳にもいかず
布団に入って眠っていると、昨夜のような息苦しさとブツブツ言う女の声で目が覚め、
布団の中で恐怖に震えながら私には朝を待つことしかできなかった。
 
そう、幽霊女は初めに私の部屋にでて以来、毎日夜寝ると現れるようになったのだ。
 
そんな日々が数日続き。人間どんな環境でも多少は慣れてくるもので、
初めは怖くて内容を理解する余裕がなかったが、
幽霊女のブツブツ言う内容を理解する余裕も出始めた。
 
話の内容は、男に捨てられ悲しい悔しいといった恨み節。
何日も幽霊女の恨み節を聞いている内に、その内容に腹が立ちだんだんイライラしてきた。
 
【 恐怖<怒り 】 になったある夜、私は我慢の限界がきて、
ついに幽霊女に思っていたことをぶちまけた!
 
「それがどうした!私は生まれてこの方、彼氏なんかいたことが一度もない!
そんな女に愚痴るなんて無神経だと思わないの?! 男がいただけ、まだいいじゃない!」
 
怒鳴り散らしたその日から、ぴたりとブツブツ言う声もしなくなり。
男に捨てられた幽霊に 【 恋人ない暦=年齢 】 を同情されたのなら、
それはそれでムカつく。
 
 
 
怖い話
 
幽霊VSキモオタ
幽霊VS小説
幽霊VS腐女子1
幽霊VS腐女子2
幽霊VS喪女
幽霊VS奇行
幽霊VS猫
幽霊VS猫2
幽霊VS体臭
幽霊VS逆切れ
幽霊VSその他
 
※知ってもまったく為にならない用語説明
喪女 →
モテない女性の略。







Copyright (C) 2008 ぬる〜く、オカルト心霊体験団! All Rights Reserved.