信じられないだろうが、今体験したばかりで興奮さめやらぬ内に記す。
 
昨日から寒い夜が続いていたので俺は猫(♀3歳、名前はシルモンド)を
ベットに引っ張り込んで寝ていた。
 
シルモンドと共に寝入ってから、現在からだと2時間前。
だいたい深夜3時くらいに金縛りにあった。
 
目は動かせるので周りを見渡してみるとベットのすぐ脇に女が立っていた。
 
女は顔の右上部分が弾け飛んだザクロのようにグチャグチャになっており、
殺気と怨念を孕んだ残った左目で俺を睨んでいた。
ぶっちゃけもう心臓止まりそうだった。
 
必死にお経を唱えるが女には全然効かず、平然としている。
シルモンドが追い払ってくれるかと期待したが、普段の愚猫ぶりでは無理だろう。
今も飼主の危機に気づかずに寝たままだ。
 
そうこうしているうちに女の原色のピンクのマニキュアをした両手が
俺の首に近づき、首を絞める動作に入る。
妙に湿った感触とマニキュアのピンクが生々しく、俺はマジに死を覚悟した。
 
ぐいぐいと女は手に力を加えてきた。
意識が白み、もうダメ、と思ったとき、
俺の首を物凄い力で絞めていた女の手の力が少し緩んだ。
どういうことかと思い、うっすらと目を開けて女をチラ見すると
女の視線は俺を外れ、俺の脇に注がれている。
 
そこはシルモンドの定位置。シルモンド起きた?でかしたシルモンド!
はやく追っ払え!と心の中で猫に縋るがどうも起きたのとは違うようだ。
 
女はシルモンドが気になるようでチラチラと目線を送るが、
俺の首を絞めるのを再開。
しかし明らかに身が入ってないらしく力は先ほどの比にもならないくらい弱い。
 
挙句の果てに俺の首から片手を外して、シルモンドを撫ではじめた気配が窺える。
俺の首に置いた手は、お義理のように添えてあるだけで、
顔を完全にシルモンドの方に向け、妙にニコニコしながら
肉球を触ったりして遊んでいるような仕草をしていた。
 
俺はほったらかしにされ、ホッとしつつも金縛りのまま2時間放置。
女はいつの間にかいなくなってました。
 
本当についさっきの出来事です。
 
 
---- 後日談 ----
 
 
信じられない。
今まで築いた価値観が崩れるような気がする。
 
今まで心霊現象に遭遇する機会のなかった俺は
昨日の事は夢だと言い聞かせ忘れるつもりだった。
起きたときに隣に寝ていたシルモンドが少し湿っていたのも決め付けて。
 
だが、怖いものは怖い。
「今日は私がシルモと一緒に寝るのー!」と駄々をこねた中学生の妹を
けり倒し、シルモンドを連れて今日は一階の客間で寝ることにした。
 
が、眠れない。
 
またあの女が来たらどうしよう?もしシルモンドが目当てなら
妹に押し付けといた方が良かったのでは?
 
などと考えてしまい眠れずにビクビクしているうちに時計は深夜3時を回ってしまった。

すると突如二階から「ヴヴォゥホゥオオォォォーーッ!」と野獣の咆哮のような雄たけびが!
 
あの声は間違いない姉だ。
慌てて姉の部屋に行くと姉は般若のような顔でメロンパンを振り回していた。
 
しばらく落ち着くのを待ってから話を聞くと―
課題のレポートを書いていた姉は3時のおやつに大好物のメロンパンに
ウキウキしながらかぶりつこうとした瞬間に金縛りになったようだ。
(姉は昼夜2回、3時のおやつにメロンパンを摂取する)
 
霊感の弱い姉ではあるが、そのときばかりはなんとも言えぬ嫌な気配を感じたらしい。
 
机の横を見るとピンクのワンピースを着た長髪の女が立っており、
ふらふらと部屋を徘徊したり、ベットの上をぽふぽふ触ったりと
何かを探しているような仕草をしていたと姉は語る。
 
『メロンパンタイムを邪魔したうえに金縛っといてシカトかよっ!』
と気性の激しい姉は段々とムカついてきたらしい。
 
気合至上主義で子供の頃には襲ってきた野良犬を
殴り殺しかけた程の兵(つわもの)である姉。
金縛りなど気合で粉砕せんと前述のオタケビをあげた。
 
すると女の体がビック―ン!揺れ、肩を竦め怯えた目を姉に向け振るかえる。
そこにメロンパンを振りかぶった姉は思いっきり叩きつけた…らしい。
そういう話だった。
 
正直、誇張癖のある姉の話であるだけに、全部は信じられないが、
きっと女はシルモンドを捜していたのだろう。
 
俺の見た女と同一人物か女の特徴を聞いた。
姉いわく、顔は普通ぽっかったらしい。
シルモンドの為にオメカシしてきたのか?と思うと…少し気の毒。
 
女の目当てだったシルモンドはというと、今も丸まってぐっすりと寝ている。
 
そして俺は姉の潰したメロンパンの替わりをこの寒空の下、
デイリーヤマザキまで買いにパシらされている。
 
 
 

 
怖い話
 
幽霊VSキモオタ
幽霊VS小説
幽霊VS腐女子1
幽霊VS腐女子2
幽霊VS喪女
幽霊VS奇行
幽霊VS猫
幽霊VS猫2
幽霊VS体臭
幽霊VS逆切れ
幽霊VSその他







Copyright (C) 2008 ぬる〜く、オカルト心霊体験団! All Rights Reserved.